>  > 風俗嬢と私のうさばらし

風俗嬢と私のうさばらし

この前、久しぶりにデリヘルを呼びました。ここの所ずっと風俗店の方に出かけていって楽しんでいたのでデリヘルはかなり久しぶりだったんですが、風俗情報をのぞいていたら気になる子がいてその子目当てでデリヘルを呼びました。人妻専門のデリヘルで昼間の時間にだけいる子だったので有給を使ってまでお願いしちゃいました。ちょうど有給を消化するように言われていたところだったのでちょうど良かったんですけど。写真で見る限りでは頭のよさそうなキャリアウーマンといった雰囲気の子だったんですが顔の印象は多少違っているものの全体の雰囲気はそのままの印象で、仕事できそうなのに専業主婦だそうです。彼女はやっぱり仕事をしたいけど旦那さんが反対しているから昼間にそのうっぷんを晴らしているということでデリヘル嬢になったみたいですが、さすがに仕事のできる女性らしくこっちにかなり気を使いながら楽しませてくれるので自分がなんだか王様にでもなったというかご主人様といった感じで楽しめました。派手なプレイとかはないのですが、最初から最後まで気持ちよかったです。

風俗嬢のいきなりの騎乗位

ソープのプレイルーム。風俗嬢は次の用意のため、バスルームへ。すぐに呼ばれて、スケベ椅子で綺麗に体を洗ってもたった後、スケベ椅子プレイスタートだ。風俗嬢にスケベ椅子プレイをしてもらったことがないので、恥ずかしかった。くぐり椅子から壺洗いまでしてもらって、久々にソープの醍醐味を満喫した。その間も、ずっとちんこをゴシゴシしてくれるのがうれしい。風俗嬢から、いきなり「入れる?」とお誘いがあったので、ここで一発挿入しておく。もちろんちんこは早い段階でカチンカチンになってるから、硬度については問題ナッシング。というよりもがまん汁出しまくりで恥ずかしいくらいだったからね。まずは風俗嬢が上になってスマタしてくれた。いろいろ体位を変えることも考えたけど、そのままなんの考えもなく、女の子の両腿の締め付けに耐えきれずにザーメンを発射してしまった。おまんこからしたたり落ちるザーメンが思いのほか多くてびっくりだった。

[ 2016-02-15 ]

カテゴリ: 風俗体験談